デジタルおかやまだいひゃっか | きょうどじょうほうネットワーク - けんさくけっかいちらんデジタルおかやまだいひゃっか | きょうどじょうほうネットワーク - けんさくけっかいちらん

きょうどじょうほうネットワーク >  けんさくけっかいちらん

けんさくじょうけん

とくしゅう:岡山の昔話

もっとくわしくさがす
もっとくわしくさがす

けんさくけっかいちらん

121見つかったかず:1-20けん

  • No.1おんせいとびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    がいよう:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.2おんせい山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    がいよう:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.3おんせい雨蛙不孝 【音声】

    がいよう:雨蛙はあまんじゃくで、親の反対ばかりしていた。親が死ぬとき、「わしが死んだら川へいけてくれ」と言った。雨蛙はいっぺんだけでも親の言うことをきこうと思い、川のそばへいけた。雨が降れば親が流れるのを心配し...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.4おんせいすっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    がいよう:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.5おんせい姥捨て山 【音声】

    がいよう:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.6おんせい桃太郎 【音声】

    がいよう:婆さんが川から拾ってきた桃から男の子がうまれる。桃太郎と名付け大きくなる。近所の友達が山に木拾いに行こうとさそう。にかわ(荷縄)・背当て・わらじ作り、木がま・ますかりとぎなどといって、仲々山に行かない...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:賀島 具一郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.7おんせいうそばい(大もの競べ) 【音声】

    がいよう:伊勢参宮をして宿屋で近江の客と丹波の客が同宿する。自慢話をし、近江の客は、琵琶湖の水をひとのみにする大牛がおるという。丹波の客は、大きな太鼓があり、片方は琵琶湖の水をひとのみにする牛の皮ではるという。...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:川本 清/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.8おんせいこうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    がいよう:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.9おんせいうそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    がいよう:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.10おんせい果てなし話 【音声】

    がいよう:たにや(池)のはたの竹が雪で水につかっている。春になり雪がとけると竹がのってしずくがポチャポチャ……七日七夜ポチャポチャと。作品時間:1分03秒

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.11おんせいおきいさんぎつね(きつね退治の失敗) 【音声】

    がいよう:きつねがだます、だまさないで若衆がかけをする。だまされないという若衆が、おきいさんぎつねの出るお宮に行く。女に化けたきつねは、「あんたはだまされん。これから、化けて祝言の御馳走を食べに行くから、確かな...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:市村 浅次郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.12おんせいむるの話(古屋の漏り) 【音声】

    がいよう:雨の降る日、虎おおかみが、爺と婆の「トラオオカミよりムルがこわい」という話を聞いて、逃げ帰り、山中のけだものを集めて、自分の住む穴にむるがいるかどうかを確かめさせる。猿が長い尻尾で穴の中を掘り出すと、...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:田村 たまの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.13おんせい空飛ぶ狐 【音声】

    がいよう:備中の寺に小僧が来て特別よく仕える。ある日和尚が法事から帰ってみると古狐が台所でねていた。狐は正体を見られたと観念し、和尚に屋根裏のお札がほしくてやってきたと白状した。ほしい理由をたずねられ、「それを...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:杉並 かおる/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.14おんせい話千両 【音声】

    がいよう:三人の者が金もうけに出るが、よいもうけ口がないので帰ることにした。帰る前に、おみくじを引いたら、「柱なき所に宿借るな」「足入った舟に乗るな」「坊主の寝ごみに油断すな」とあった。この三つのことばによって...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.15おんせい九助の話(愚か村話、愚か聟話) 【音声】

    がいよう:昔、しゃじ谷に頓智のよい九助という男がいた。若衆が宴会をしている所に行き「こぼれる、こぼれる」といって、戸を開けさせ、御馳走を食べる。戸を開けないと涙がこぼれるということだったのだ。九助の隣の息子が嫁...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:藤村 伝一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.16おんせいお銀小銀 【音声】

    がいよう:お銀小銀という仲のよい義姉妹がいた。お父さんは商売で出かけることが多く、番頭とまま母がしたしくなり、お銀の方を殺そうと思うようになった。お銀のごはんに毒をいれるが小銀が教えて助かる。また夜中に殺そうと...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:横溝 楽市/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.17おんせいごろ太郎(花咲爺) 【音声】

    がいよう:子のないじいとばばの飼う犬のごろ太郎は、猟のともをしてすばらしい能力を発揮する。しかし、隣のじいの言いつけはきかず、殺される。墓印のなしのに木に実がなり、じいの言うまま上がりおりし、殿さまにほうびをも...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.18おんせい雀とり話 【音声】

    がいよう:竹の皮を伸ばし、支柱をして、米を載せる。雀がきて米を食べようとすると、支柱が倒れ雀は竹の皮に包みこまれる。それを押えて雀をとる。作品時間:0分49秒

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.19おんせい貧乏神の話 【音声】

    がいよう:内輪の悪い家があって、主人は怒ってばかりいる。そのうえ貧乏であった。村の人たちが「貧乏なのは、あまり苦虫をかんだような顔ばかりしているので、貧乏神が逃げないからだ。酒でものんで、にぎやかにしてみなさい...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:藤原 しげ代/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース

  • No.20おんせい七夕さんの話(天人女房) 【音声】

    がいよう:昔、七夕さんが天から羽衣を落とし、さがしに下の国に降りてきた。猟師が拾っていると聞き、訪ねて泊めてもらう。何日か泊まりついに夫婦になる。一年近くなって庭の柱の穴にかくされている羽衣を見つけ、天にのぼる...

    さくせいしゃ・さくせいだんたい:三室 いわの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    こうかいび:2011-02-27

    データベース:きょうどじょうほうデータベース