デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声和尚と小僧(1)道心坊主 【音声】

    概要:けちな和尚が小僧を買物にやる。小僧は和尚の書きつけどおり「道心坊主」(みかん)「はらみ女」(まんじゅう)「初しも」(さとう)を買うが、帰りにみな食う。帰ると、「初しもは日でとけた。道心坊主は衣をぬいで...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声むるの話(古屋の漏り) 【音声】

    概要:雨の降る日、虎おおかみが、爺と婆の「トラオオカミよりムルがこわい」という話を聞いて、逃げ帰り、山中のけだものを集めて、自分の住む穴にむるがいるかどうかを確かめさせる。猿が長い尻尾で穴の中を掘り出すと、...

    作成者・作成団体:田村 たまの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声でんか、おきゅうか、ふみにしろうか 【音声】

    概要:でん、おきゅう、ふみ、にしろうという名の四人の子どもがいる。泥棒が入り、音をさせたのを、親が子と間違えて、名前をよぶ。「出んか」「起きゅうか」「踏みにしろうか」と泥棒は言われたと思い、逃げ帰る。作品時...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声よしよしのはじまり(源五郎の天昇り) 【音声】

    概要:鴨とりの名人よしが、もちなわで数十羽のかもをとるが、かもたちはよしを空へひきあげる。よしは雷に使われ、夕立のてつだいをしていて夢中になり、足をふみはずして海に落ち、りゅうぐんかいに行く。よしはそこの大...

    作成者・作成団体:丸山 大一/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声ひっつかばひっつけ 【音声】

    概要:昔、正直なじじとばばがいて、じじが山へ行って仕事をしていたら、「ひっつこうか。」の声がして、「ひっつかばひっつけ。」と言うと小判がひっついた。隣の欲深じじ・ばばがうらやみ、そのとおりにしたら、松やにが...

    作成者・作成団体:高見 きぬ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声雨蛙不孝 【音声】

    概要:雨蛙はあまんじゃくで、親の反対ばかりしていた。親が死ぬとき、「わしが死んだら川へいけてくれ」と言った。雨蛙はいっぺんだけでも親の言うことをきこうと思い、川のそばへいけた。雨が降れば親が流れるのを心配し...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声こうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    概要:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声ひきとさるのもち争い 【音声】

    概要:ひきとさるが出あい、もちつきをしていっしょに食うことになる。さるはもち、ひきは臼を用意する。さるの発案で山頂でもちをついて、臼もろとも谷へ落とす。後から行ったひきは、木にかかったもちを腹いっぱい食う。...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声雀のひょうたん(腰折雀) 【音声】

    概要:おばあさんが舌の切れた雀を助けてやったら、お礼にひょうたんの種をもってきてくれた。それをまいたら実がなり中から米がでて物持ちになった。隣の欲深ばあさんがまねをして同じことをしたが、実はなったものの米が...

    作成者・作成団体:柿本 コイセ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声与一の天昇り 【音声】

    概要:昔、与一という餅売り男が、「天上り」とかいた紙をはり出して人々を集めたが、昼になっても現われず餅が売れてしもうた。まもなく現われて立竹をつたって天へ上りかけたが、サクラの依頼者の忠告を入れ中途で下りて...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声餅争い 【音声】

    概要:兎とひきが、餅を盗み、山の上から臼ごと転ばし、早く追いついた者が食べることにする。兎は空臼についており、ひきは、合歓の木にかかった餅を全部食べる。兎が怒り、ひきを踏みつける。それでひきの腹は横に出、兎...

    作成者・作成団体:皆木 うきえ/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声松山鏡 【音声】

    概要:親孝行の息子が殿様からほうびに鏡をもらう。長持の中にしまって朝夕みていた。嫁さんが心配してのぞくと、女の姿がみえ、けんかとなる。そこへ、通りがかりの尼さんが長持の中をのぞくと坊主がみえたという。「おま...

    作成者・作成団体:山岡 静子/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声おきいさんぎつね(きつね退治の失敗) 【音声】

    概要:きつねがだます、だまさないで若衆がかけをする。だまされないという若衆が、おきいさんぎつねの出るお宮に行く。女に化けたきつねは、「あんたはだまされん。これから、化けて祝言の御馳走を食べに行くから、確かな...

    作成者・作成団体:市村 浅次郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声蛙和尚の往生 【音声】

    概要:蛙の和尚が水蓮の花の数で葬式の数を当てていた。ある朝五つ咲いた。五番目はだれの葬式だろうと言っていると、投石が和尚に当たり、自分自身が往生を遂げた。作品時間:2分37秒

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声こがらすの婿入り(山田白滝・難題むこ・ふるい古金) 【音声】

    概要:欲深な金持に一人娘がいるが、むこになり手がない。金持は「三文の元で五十銭もうけたら、むこにする」と立札を出す。小男で色の黒いこがらすは、三文の打ちわらをもち、唐津売りが「からつう」という後から「うち割...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース