デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    概要:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声桃太郎 【音声】

    概要:桃太郎はたいへんな力持ちだ。ある日、山へ行って、大木を引き抜いて、かたいでもどり、家にもたれさせたら、家がつぶれてしまった。作品時間:2分41秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声だれだら屁 【音声】

    概要:金持に、泥棒がはいろうとすると「誰なら」といつもいう。みると女中の屁の音であった。尻に詰をして、盗み、帰りに詰にひっかかり、詰が取れて「誰なら、誰なら」と大きな屁が出て、家人に盗人はつかまった。作品時...

    作成者・作成団体:安東 克之/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声瓜姫(瓜姫御寮) 【音声】

    概要:おばあさんが川で瓜をひろい、しまっておく。戸棚を開けると瓜姫が生まれていた。布を織るようになり、ある日留守番をしていたらあまのじゃくが瓜姫をさそいだした。そして瓜姫の着物をぬがして柿の木にくくりつけ瓜...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声与一の天昇り 【音声】

    概要:昔、与一という餅売り男が、「天上り」とかいた紙をはり出して人々を集めたが、昼になっても現われず餅が売れてしもうた。まもなく現われて立竹をつたって天へ上りかけたが、サクラの依頼者の忠告を入れ中途で下りて...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声茶の実(愚か村話) 【音声】

    概要:殿様から茶のみを出せと言われ、茶飲みの競争をさせたら、十五はい飲んだものが一位になった。その者をお城に連れていって、「茶飲みを連れてきました」と差し出したところ、「茶飲みではない、茶の実を出せと言った...

    作成者・作成団体:丸上 虎市/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声雀のひょうたん(腰折雀) 【音声】

    概要:おばあさんが舌の切れた雀を助けてやったら、お礼にひょうたんの種をもってきてくれた。それをまいたら実がなり中から米がでて物持ちになった。隣の欲深ばあさんがまねをして同じことをしたが、実はなったものの米が...

    作成者・作成団体:柿本 コイセ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声京のかわずと大阪のかわず 【音声】

    概要:京と大阪の大かわずが、中間の山のいただきで出会う。それぞれ相手の町を見たつもりが、目がうしろについているので自分の町を見て「どこも同じだ」といって別れる。作品時間:2分17秒

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声さるかに合戦 【音声】

    概要:さるとかにがかきの種とにぎり飯をとりかえ、かには種をまき世話を重ねて実をならした。さるが来て木に登り青がきをかにに投げつけて殺した。子がにが栗・蜂・昆布・臼に頼み、かれらの協力加勢で、さるをさそい、各...

    作成者・作成団体:田中 墨江/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声鯨となまこの泳ぎ競争 【音声】

    概要:鯨となまこが泳ぎ競争をしようということになり、出発まぎわになまこは鯨の鼻の上にさばっていて、ゴール寸前でコロリと鯨の鼻先に落ちて勝った。作品時間:2分48秒

    作成者・作成団体:木下 慶一/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声お銀小銀 【音声】

    概要:お銀小銀という仲のよい義姉妹がいた。お父さんは商売で出かけることが多く、番頭とまま母がしたしくなり、お銀の方を殺そうと思うようになった。お銀のごはんに毒をいれるが小銀が教えて助かる。また夜中に殺そうと...

    作成者・作成団体:横溝 楽市/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声貧乏神の話 【音声】

    概要:内輪の悪い家があって、主人は怒ってばかりいる。そのうえ貧乏であった。村の人たちが「貧乏なのは、あまり苦虫をかんだような顔ばかりしているので、貧乏神が逃げないからだ。酒でものんで、にぎやかにしてみなさい...

    作成者・作成団体:藤原 しげ代/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声かきと帆立貝のはじまり(一つ屋の怪) 【音声】

    概要:薬の行商が一つ屋にとまり、爺に婆の亡きがらの留守もりを頼まれる。薬屋は、婆が「じいさん、ごんすかえ」などと呼ぶのに返事をしているが、婆に怪しまれて追われ、海にとびこみほたて貝になる。婆もとびこみ、かき...

    作成者・作成団体:横山 宗宰/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声和尚と小僧(3)あめは毒 【音声】

    概要:和尚があめを「小僧殺し」といつわってひとり食いしている。和尚のるすに小僧たちはあめをなめつくし小さい小僧がすずりを割る。小僧は和尚に「大切なすずりを割ったので、あめで死のうとした」と言いわけする。作品...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声目の心願(俵薬師) 【音声】

    概要:昔、村に大うそつきがおり、村人が怒り俵につめて海にすてることにした。隣の男二人が差し棒でかついで捨てに行ったが、途中彼は二人をだまして、通りがかりの商人を身代わりにして自分は助かった。その後、彼は竜宮...

    作成者・作成団体:堀本 鶴子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声水戸黄門の幽霊封じ(灰の発句) 【音声】

    概要:水戸黄門が家来二人をつれて村の茶屋へきて幽霊の出る古寺の話をきいた。寺へ行き待っていると、夜なか多くの幽霊が出てきて、下の句はいえるが上の句が出なくて悩んでいた。水戸黄門が成仏していない理由はこれだと...

    作成者・作成団体:山本 豊子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声田野村の久兵衛 【音声】

    概要:田野久は旅役者だったが、母病気の知らせに、夜道を急いで峠にさしかかった。そこでうわばみに出会い、たぬきとまちがえられて化け比べをする。別れ際に、それぞれのこわいものを言う。久兵衛は煙草やにでうわばみを...

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース