デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声餅争い 【音声】

    概要:兎とひきが、餅を盗み、山の上から臼ごと転ばし、早く追いついた者が食べることにする。兎は空臼についており、ひきは、合歓の木にかかった餅を全部食べる。兎が怒り、ひきを踏みつける。それでひきの腹は横に出、兎...

    作成者・作成団体:皆木 うきえ/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声杢蔵の聟入(山田白滝) 【音声】

    概要:「当家の娘の句に勝った者があったら聟にしてやる」というはり札を見た貧しい杢蔵が、「天より高く咲く花に目どもかけなよ谷野杢蔵」という娘の句に対して、「天より高く咲く花も落ちりゃ木の葉の下になる」とよんで...

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声茶の実(愚か村話) 【音声】

    概要:殿様から茶のみを出せと言われ、茶飲みの競争をさせたら、十五はい飲んだものが一位になった。その者をお城に連れていって、「茶飲みを連れてきました」と差し出したところ、「茶飲みではない、茶の実を出せと言った...

    作成者・作成団体:丸上 虎市/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声おきいさんぎつね(きつね退治の失敗) 【音声】

    概要:きつねがだます、だまさないで若衆がかけをする。だまされないという若衆が、おきいさんぎつねの出るお宮に行く。女に化けたきつねは、「あんたはだまされん。これから、化けて祝言の御馳走を食べに行くから、確かな...

    作成者・作成団体:市村 浅次郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声大年の火 【音声】

    概要:「正月三か日は火を消されない」といわれる。女中が元日の朝おきてみると火が消えている。山裾に火が見えたので行き、白髪の爺より火種をもらい、代わりに棺桶をあずかる。無事雑煮をつくり、その晩、棺桶を開けてみ...

    作成者・作成団体:皆木 うきえ/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声一つ覚え(愚か聟) 【音声】

    概要:ある息子が客に行った。茶が熱くて飲めない時はおこうこを入れよと教えられていた。風呂の湯がたいへん熱かったので、「おこうこをください」と言ったという。作品時間:2分13秒

    作成者・作成団体:草加 小吟/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    概要:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声猿聟入 【音声】

    概要:百姓が「ごぼう抜きをしてくれたら娘をやる」とひとりごとをいう。猿が出てきてごぼうを抜いてくれる。下の娘が猿の嫁になるのを承諾してくれる。娘は嫁入り道具に石臼をもらい、猿に負わせて行く。途中、川の上に咲...

    作成者・作成団体:井上 良一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声宝手拭 【音声】

    概要:女が機を織っているところへ、乞食がやってきて水を乞う。女は断わる。下女が、水と自分のむすびを与える。礼に手拭をくれる。それで顔をふくと美しくなる。女が、さがしてきた乞食からもらった手拭で、顔をふくと馬...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声こうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声きじにだまされた話 【音声】

    概要:爺が山で日が暮れる。一軒屋を訪ねると娘が一人おり泊めてくれる。何日か世話になり、娘が買物に行く留守番をたのまれる。「たんすの上二段は開けても下は開けな」と言って出て行く。爺は、見たくなり、約束を破りた...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声運定め 【音声】

    概要:出稼ぎに行っていた男が帰宅の途中、さいの神の社に泊り、子供の寿命は十六歳だという話し声を聞く。子供は成長して大工になり、高い所から落ちて十六歳で死んだ。作品時間:2分45秒

    作成者・作成団体:吉房 小野布/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声瓜姫(瓜姫御寮) 【音声】

    概要:おばあさんが川で瓜をひろい、しまっておく。戸棚を開けると瓜姫が生まれていた。布を織るようになり、ある日留守番をしていたらあまのじゃくが瓜姫をさそいだした。そして瓜姫の着物をぬがして柿の木にくくりつけ瓜...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声愚か聟 【音声】

    概要:ある愚かな男を聟に世話する。仲人がいろいろ知恵をつけたが、嫁さんの家へ行って、ほめことばをまちがえ、大失敗をするという話。作品時間:9分50秒

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声雀とり話 【音声】

    概要:竹の皮を伸ばし、支柱をして、米を載せる。雀がきて米を食べようとすると、支柱が倒れ雀は竹の皮に包みこまれる。それを押えて雀をとる。作品時間:0分49秒

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声松山鏡 【音声】

    概要:親孝行の息子が殿様からほうびに鏡をもらう。長持の中にしまって朝夕みていた。嫁さんが心配してのぞくと、女の姿がみえ、けんかとなる。そこへ、通りがかりの尼さんが長持の中をのぞくと坊主がみえたという。「おま...

    作成者・作成団体:山岡 静子/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース