デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声屁こきと盗人(誰なら屁) 【音声】

    概要:ある夜、分限者に盗人が入ったが、番人に屁こきの名人がいて、「たれなら、たれなら」という音を出すものだから、盗人は盗んだ荷物をほうりだして逃げていった。作品時間:1分40秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声うそばい(大もの競べ) 【音声】

    概要:伊勢参宮をして宿屋で近江の客と丹波の客が同宿する。自慢話をし、近江の客は、琵琶湖の水をひとのみにする大牛がおるという。丹波の客は、大きな太鼓があり、片方は琵琶湖の水をひとのみにする牛の皮ではるという。...

    作成者・作成団体:川本 清/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声与一の天昇り 【音声】

    概要:昔、与一という餅売り男が、「天上り」とかいた紙をはり出して人々を集めたが、昼になっても現われず餅が売れてしもうた。まもなく現われて立竹をつたって天へ上りかけたが、サクラの依頼者の忠告を入れ中途で下りて...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声鬼ばばと馬子んどん(牛方山姥) 【音声】

    概要:馬子が山の中で鬼ばばに襲われ、馬車に積んでいた塩も馬も食べられた。その仕返しに鬼ばばを黒焼きにし、粉にして薬だといって売り歩いて金もうけをした。作品時間:4分19秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声鬼婆 【音声】

    概要:貧乏で子を捨てることにする。子はすくも(籾がら)をまいて行き、それを伝って帰る。二度目は、パンのきれをまき、小鳥に食われ帰れない。鬼婆のところに泊る。翌朝、目を盗んで逃げ帰る。一里靴で追いかけてくるが...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声茶の実(愚か村話) 【音声】

    概要:殿様から茶のみを出せと言われ、茶飲みの競争をさせたら、十五はい飲んだものが一位になった。その者をお城に連れていって、「茶飲みを連れてきました」と差し出したところ、「茶飲みではない、茶の実を出せと言った...

    作成者・作成団体:丸上 虎市/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声貧乏神の話 【音声】

    概要:内輪の悪い家があって、主人は怒ってばかりいる。そのうえ貧乏であった。村の人たちが「貧乏なのは、あまり苦虫をかんだような顔ばかりしているので、貧乏神が逃げないからだ。酒でものんで、にぎやかにしてみなさい...

    作成者・作成団体:藤原 しげ代/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声田野村の久兵衛 【音声】

    概要:田野久は旅役者だったが、母病気の知らせに、夜道を急いで峠にさしかかった。そこでうわばみに出会い、たぬきとまちがえられて化け比べをする。別れ際に、それぞれのこわいものを言う。久兵衛は煙草やにでうわばみを...

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声お杉小杉(手なし娘) 【音声】

    概要:山の神の祭りで継子に若衆の酌をさせ、悪口の口実を作り、片腕を切って山の谷につき落とす。熊に助けられ、春まで熊の足の裏をなめ生きる。里に出てめぐり歩いているうちに、婚約者に合い結婚する。子どもがうまれる...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声夢のあぶ 【音声】

    概要:運兵衛と才作が伊勢参りをする。途中で休み、運兵衛が昼寝をする。鼻の穴からあぶが出て、赤と白の花のところに飛んでいき、また帰ってくる。運兵衛が起きて、金の夢を見たという。才作がその夢を買い、花のところを...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声桃売りとおさよ 【音声】

    概要:大工が美しい女を嫁にする。殿様がその女を出せという。女は大工に桃の種を与え、桃がなったら城に売りに来いという。女は殿様のところで、全然笑わない。三年目、男はなった桃を持って城に売りに行く。女が笑う。殿...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声ずいとん坊(ズイトン坊、尻尾の釣) 【音声】

    概要:ある寺にずい坊(いやしい坊さん)がいた。狐がやってきて、戸の穴に尻尾を入れ、ズイトン、ズイトンと音をさせて、からかう。坊さんは怒って、戸の内に隠れていて尻尾をつかまえ、「この尻尾を、池につけておくと、...

    作成者・作成団体:三室 いわの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声松山鏡 【音声】

    概要:親孝行の息子が殿様からほうびに鏡をもらう。長持の中にしまって朝夕みていた。嫁さんが心配してのぞくと、女の姿がみえ、けんかとなる。そこへ、通りがかりの尼さんが長持の中をのぞくと坊主がみえたという。「おま...

    作成者・作成団体:山岡 静子/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声けだものの知恵くらべ 【音声】

    概要:日本の大将狐・天竺の大将虎・唐の大将ししが知恵くらべをすることになり、狐は一時間に千ケ寺の寺を建てた。虎は一時間に千里の藪をくぐるが、狐がせなかにのっていた。こんどはししの番でほえると身柄とんで散り、...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声瓜姫(瓜姫御寮) 【音声】

    概要:おばあさんが川で瓜をひろい、しまっておく。戸棚を開けると瓜姫が生まれていた。布を織るようになり、ある日留守番をしていたらあまのじゃくが瓜姫をさそいだした。そして瓜姫の着物をぬがして柿の木にくくりつけ瓜...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声引っ張りびょうぶ(愚か村話) 【音声】

    概要:昔、ばか者がいて、旅宿でねるときには、のれんをあげ、それから蚊帳をあげて中に入るのだと教えられ、ある時のれんのつってない宿へ泊って、このとおりにして、何回やっても蚊帳の外へ出てしまい、ついに蚊帳の外で...

    作成者・作成団体:田中 太郎/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース