デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声与一の天昇り 【音声】

    概要:昔、与一という餅売り男が、「天上り」とかいた紙をはり出して人々を集めたが、昼になっても現われず餅が売れてしもうた。まもなく現われて立竹をつたって天へ上りかけたが、サクラの依頼者の忠告を入れ中途で下りて...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声鴨取り権兵衛(まのよい猟師) 【音声】

    概要:鴨を射ちに行き、鉄砲をふるわせ、一度に多くの鴨をとる。池の中に入って射った鴨をとる。池からあがる時、兎の耳をひっぱり、山芋のつるをひっぱって、兎と山芋をとる。ふんどしの中に、えびが入っていて、鴨、兎、...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声和尚と小僧(1)道心坊主 【音声】

    概要:けちな和尚が小僧を買物にやる。小僧は和尚の書きつけどおり「道心坊主」(みかん)「はらみ女」(まんじゅう)「初しも」(さとう)を買うが、帰りにみな食う。帰ると、「初しもは日でとけた。道心坊主は衣をぬいで...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声小太郎の話 【音声】

    概要:母が死んで、息子の小太郎が墓に参り、そこで寝る。鳥が「上から三本下から三つ」と言う。小太郎は、母に会いたくて閻魔王のところで、鳥の鳴声で難問をとき通り、生き返っていた母をつれ帰る。作品時間:2分45秒...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声難題聟 【音声】

    概要:娘の聟に、何か一つでも秀でたものをもった者をもらうことにする。易者、水もぐり、医者の三人が来る。娘は困って自殺する。易者が水の底にいると占い、水もぐりが引き上げ、医者が息をふき返らせる。肌身をふれた者...

    作成者・作成団体:皆木 恵三郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声猿聟入 【音声】

    概要:百姓が「ごぼう抜きをしてくれたら娘をやる」とひとりごとをいう。猿が出てきてごぼうを抜いてくれる。下の娘が猿の嫁になるのを承諾してくれる。娘は嫁入り道具に石臼をもらい、猿に負わせて行く。途中、川の上に咲...

    作成者・作成団体:井上 良一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声亀の恩返し(黄金子犬) 【音声】

    概要:亀を助けてやった太郎が、竜宮に案内され、帰るとき、馬を土産にもらった。それは金をひる馬だったが、隣の五郎に殺された。太郎がその馬を埋めて供養してやっていたら、埋めた所に三つ股榎木が生え、その木に金がな...

    作成者・作成団体:国友 三郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声たことふぐとかれい 【音声】

    概要:たことふぐとかれいが旅をしていて、一句ずつ作ろうじゃないかということになった。たこが木の枝にぶらさがって、「藤の花とはどでごんしょ」と一句よんだ。すると、かれいが木にぺたっとひっついて、「たばこの葉と...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声京のかわずと大阪のかわず 【音声】

    概要:京と大阪の大かわずが、中間の山のいただきで出会う。それぞれ相手の町を見たつもりが、目がうしろについているので自分の町を見て「どこも同じだ」といって別れる。作品時間:2分17秒

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声田野村の久兵衛 【音声】

    概要:田野久は旅役者だったが、母病気の知らせに、夜道を急いで峠にさしかかった。そこでうわばみに出会い、たぬきとまちがえられて化け比べをする。別れ際に、それぞれのこわいものを言う。久兵衛は煙草やにでうわばみを...

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声猿と貝の恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:猿が貝が口を開いているところに、手を入れ、はさまれる。和尚が、猿と貝をはなす。猿はよろこんで宝物のあるところに案内する。和尚は、宝物をもとにして、船で商売をする。ある時、船に穴があき、水が入り沈みそう...

    作成者・作成団体:横山 嘉一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声舌切雀 【音声】

    概要:舌切雀の宿をたずねて行ったおじいさんは、土産に宝物の入ったつづらをもらう。欲深ばあさんがまねをしてもらったつづらからは、化け物が出て、ばあさんを食い殺してしまった。作品時間:2分37秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声拾い物分配 【音声】

    概要:兎と猿とかわうそが、買物をして帰る男をだまして、品物をとる。猿は木に登るのでござ、かわうそは魚をとるので塩、兎は残りものの豆と分ける。猿はござがすべって木からおちる。かわうそは、水に入り塩がとける。兎...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声まんのよい猟師 【音声】

    概要:並んで泳いでいた鴨を一発でしとめ、それをつかんで池から上がろうとして草をつかむと、それは兎の耳であった。また上がってみるとズボンの中にふななど川魚が多く入っていた。猟師はまんのよい日だったと喜んだ。作...

    作成者・作成団体:田中 墨江/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声愚か聟 【音声】

    概要:ある愚かな男を聟に世話する。仲人がいろいろ知恵をつけたが、嫁さんの家へ行って、ほめことばをまちがえ、大失敗をするという話。作品時間:9分50秒

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース