デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声空飛ぶ狐 【音声】

    概要:備中の寺に小僧が来て特別よく仕える。ある日和尚が法事から帰ってみると古狐が台所でねていた。狐は正体を見られたと観念し、和尚に屋根裏のお札がほしくてやってきたと白状した。ほしい理由をたずねられ、「それを...

    作成者・作成団体:杉並 かおる/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声与一の天昇り 【音声】

    概要:昔、与一という餅売り男が、「天上り」とかいた紙をはり出して人々を集めたが、昼になっても現われず餅が売れてしもうた。まもなく現われて立竹をつたって天へ上りかけたが、サクラの依頼者の忠告を入れ中途で下りて...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声九助の話(愚か村話、愚か聟話) 【音声】

    概要:昔、しゃじ谷に頓智のよい九助という男がいた。若衆が宴会をしている所に行き「こぼれる、こぼれる」といって、戸を開けさせ、御馳走を食べる。戸を開けないと涙がこぼれるということだったのだ。九助の隣の息子が嫁...

    作成者・作成団体:藤村 伝一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声笛太郎 【音声】

    概要:笛太郎という笛の上手な男がいた。その笛の音を聞いて、月の世界から女が降りてきて、男の嫁になる。嫁は機を織り、男は布を売りに行く。大臣がその布をみて、寒中に夕立ちと雷を出せ、そうでなければ嫁を出せという...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声座頭善兵衛(愚か村話) 【音声】

    概要:座頭の善兵衛が伊勢参りに行った。風が吹いて善兵衛の背中に看板が飛んできた。「ざとうぜんべいかじあり」と書いてあると教えられ、あわてて家に帰り、家具を運び出していたら、隣のおじいさんがやってきて、わけを...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声目の心願(俵薬師) 【音声】

    概要:昔、村に大うそつきがおり、村人が怒り俵につめて海にすてることにした。隣の男二人が差し棒でかついで捨てに行ったが、途中彼は二人をだまして、通りがかりの商人を身代わりにして自分は助かった。その後、彼は竜宮...

    作成者・作成団体:堀本 鶴子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声鯨となまこの泳ぎ競争 【音声】

    概要:鯨となまこが泳ぎ競争をしようということになり、出発まぎわになまこは鯨の鼻の上にさばっていて、ゴール寸前でコロリと鯨の鼻先に落ちて勝った。作品時間:2分48秒

    作成者・作成団体:木下 慶一/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声蛇聟入り 【音声】

    概要:日照りつづきのある日、水番が池の土手に立ち、「雨をくれたら娘の一人ぐらいやってもよい」と祈った。すると早速黒雲が出てきて大夕立がした。水番の娘は嫁に行かねばならなくなり、池の土手からそこの主をよぶと大...

    作成者・作成団体:西林 秀野/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声鼻きき吉兵衛(高名の鼻利き) 【音声】

    概要:昔。ある村に正月がこせぬほど貧しいじじとばばがいて、じじが暮れに金比羅参りを思い立ち、出発の時、ばばにこっそり「今日の十二時に家に火をつけて焼け。」と言うて出た。じじは十二時に弁当をたべながら、「家の...

    作成者・作成団体:堀本 鶴子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声田野村の久兵衛 【音声】

    概要:田野久は旅役者だったが、母病気の知らせに、夜道を急いで峠にさしかかった。そこでうわばみに出会い、たぬきとまちがえられて化け比べをする。別れ際に、それぞれのこわいものを言う。久兵衛は煙草やにでうわばみを...

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声まんのよい猟師 【音声】

    概要:並んで泳いでいた鴨を一発でしとめ、それをつかんで池から上がろうとして草をつかむと、それは兎の耳であった。また上がってみるとズボンの中にふななど川魚が多く入っていた。猟師はまんのよい日だったと喜んだ。作...

    作成者・作成団体:田中 墨江/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声話千両 【音声】

    概要:三人の者が金もうけに出るが、よいもうけ口がないので帰ることにした。帰る前に、おみくじを引いたら、「柱なき所に宿借るな」「足入った舟に乗るな」「坊主の寝ごみに油断すな」とあった。この三つのことばによって...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声けだものの知恵くらべ 【音声】

    概要:日本の大将狐・天竺の大将虎・唐の大将ししが知恵くらべをすることになり、狐は一時間に千ケ寺の寺を建てた。虎は一時間に千里の藪をくぐるが、狐がせなかにのっていた。こんどはししの番でほえると身柄とんで散り、...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声ひきとさるのもち争い 【音声】

    概要:ひきとさるが出あい、もちつきをしていっしょに食うことになる。さるはもち、ひきは臼を用意する。さるの発案で山頂でもちをついて、臼もろとも谷へ落とす。後から行ったひきは、木にかかったもちを腹いっぱい食う。...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声愚か村話 【音声】

    概要:佐治谷の人がごちそうによばれていった。長やんが一番に「ちょうでえします」と言うと、松つぁんが「まつでえします」と言い、みな自分の名前の最初をつけて、つぎつぎと言った。ごちそうに出たうどんの食べ方もわか...

    作成者・作成団体:安広 淳一/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声小太郎の話 【音声】

    概要:母が死んで、息子の小太郎が墓に参り、そこで寝る。鳥が「上から三本下から三つ」と言う。小太郎は、母に会いたくて閻魔王のところで、鳥の鳴声で難問をとき通り、生き返っていた母をつれ帰る。作品時間:2分45秒...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース