デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声お銀小銀 【音声】

    概要:お銀小銀という仲のよい義姉妹がいた。お父さんは商売で出かけることが多く、番頭とまま母がしたしくなり、お銀の方を殺そうと思うようになった。お銀のごはんに毒をいれるが小銀が教えて助かる。また夜中に殺そうと...

    作成者・作成団体:横溝 楽市/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声よしよしのはじまり(源五郎の天昇り) 【音声】

    概要:鴨とりの名人よしが、もちなわで数十羽のかもをとるが、かもたちはよしを空へひきあげる。よしは雷に使われ、夕立のてつだいをしていて夢中になり、足をふみはずして海に落ち、りゅうぐんかいに行く。よしはそこの大...

    作成者・作成団体:丸山 大一/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声桃売りとおさよ 【音声】

    概要:大工が美しい女を嫁にする。殿様がその女を出せという。女は大工に桃の種を与え、桃がなったら城に売りに来いという。女は殿様のところで、全然笑わない。三年目、男はなった桃を持って城に売りに行く。女が笑う。殿...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声茶の実(愚か村話) 【音声】

    概要:殿様から茶のみを出せと言われ、茶飲みの競争をさせたら、十五はい飲んだものが一位になった。その者をお城に連れていって、「茶飲みを連れてきました」と差し出したところ、「茶飲みではない、茶の実を出せと言った...

    作成者・作成団体:丸上 虎市/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声水戸黄門の幽霊封じ(灰の発句) 【音声】

    概要:水戸黄門が家来二人をつれて村の茶屋へきて幽霊の出る古寺の話をきいた。寺へ行き待っていると、夜なか多くの幽霊が出てきて、下の句はいえるが上の句が出なくて悩んでいた。水戸黄門が成仏していない理由はこれだと...

    作成者・作成団体:山本 豊子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声鳥のみ爺 【音声】

    概要:爺が畑でくわを立てて休んでいると、小鳥がくわの柄に止まる。丸のみにする。尻から鳥の足が出る。引っぱると「じいチンチロリン、スッポンポン」と鳴る。足を引かせて銭もうけをする。作品時間:1分54秒

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声松山鏡 【音声】

    概要:親孝行の息子が殿様からほうびに鏡をもらう。長持の中にしまって朝夕みていた。嫁さんが心配してのぞくと、女の姿がみえ、けんかとなる。そこへ、通りがかりの尼さんが長持の中をのぞくと坊主がみえたという。「おま...

    作成者・作成団体:山岡 静子/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声けだものの知恵くらべ 【音声】

    概要:日本の大将狐・天竺の大将虎・唐の大将ししが知恵くらべをすることになり、狐は一時間に千ケ寺の寺を建てた。虎は一時間に千里の藪をくぐるが、狐がせなかにのっていた。こんどはししの番でほえると身柄とんで散り、...

    作成者・作成団体:古川 竹迺/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声俵薬師 【音声】

    概要:奉公人が、山にたきぎ取りに行き、仕事をせずに寝てしまう。大きなワシタカが出て、仕事ができなかったと嘘をつく。旦那とワシタカ射ちに行き、また嘘をつき、くくられて池に捨てられようとする。目の悪いのが直ると...

    作成者・作成団体:横山 嘉一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声なら梨取り 【音声】

    概要:母の病気が直る山梨を取りに、兄弟三人が順に山に行く。山の中で、婆、三本竹、ヒョウタンが出てきて、いろいろ言う。上の二人は、梨の木のそばの池から出た大蛇に呑まれる。いちばん下の弟が、梨を取り、大蛇を退治...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声ひきとさるのもち争い 【音声】

    概要:ひきとさるが出あい、もちつきをしていっしょに食うことになる。さるはもち、ひきは臼を用意する。さるの発案で山頂でもちをついて、臼もろとも谷へ落とす。後から行ったひきは、木にかかったもちを腹いっぱい食う。...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声さるかに合戦 【音声】

    概要:さるとかにがかきの種とにぎり飯をとりかえ、かには種をまき世話を重ねて実をならした。さるが来て木に登り青がきをかにに投げつけて殺した。子がにが栗・蜂・昆布・臼に頼み、かれらの協力加勢で、さるをさそい、各...

    作成者・作成団体:田中 墨江/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声鴨取り権兵衛(まのよい猟師) 【音声】

    概要:鴨を射ちに行き、鉄砲をふるわせ、一度に多くの鴨をとる。池の中に入って射った鴨をとる。池からあがる時、兎の耳をひっぱり、山芋のつるをひっぱって、兎と山芋をとる。ふんどしの中に、えびが入っていて、鴨、兎、...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声鼻髪もなし 【音声】

    概要:鼻のない男の人と髪のない女の人が見合いをした。女の人のほうが、「谷々に梅や桜はあるなれど花がなければ楽しみもなし」と一句作ると、男の人が「谷々に堂や社はあるなれば神がなければ楽しみもなし」とよんだ。す...

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声猿と貝の恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:猿が貝が口を開いているところに、手を入れ、はさまれる。和尚が、猿と貝をはなす。猿はよろこんで宝物のあるところに案内する。和尚は、宝物をもとにして、船で商売をする。ある時、船に穴があき、水が入り沈みそう...

    作成者・作成団体:横山 嘉一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声歌好きの三人兄弟 【音声】

    概要:うかれ節きちがいと浄瑠璃きちがいと音頭とりきちがいの三兄弟が、今年こそは歌はやめようと誓い合ったが、正月早々雑煮の用意のことから歌でやりとりをして、約束は何にもならなかった。作品時間:1分47秒

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声どじょう汁の話 【音声】

    概要:めくらの仲のよいおじいさんとおばあさんがいて、どじょう汁をしてたべようとした。ところがどじょうがいなくなり大げんかとなったが、いろりの中でどじょうははねまわっていた。それを聞いてめくらはつらいもの、一...

    作成者・作成団体:信原 芳枝/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声和尚と小僧(3)あめは毒 【音声】

    概要:和尚があめを「小僧殺し」といつわってひとり食いしている。和尚のるすに小僧たちはあめをなめつくし小さい小僧がすずりを割る。小僧は和尚に「大切なすずりを割ったので、あめで死のうとした」と言いわけする。作品...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース