デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声大岡裁き 【音声】

    概要:大木をきり倒しているところに、若い男がきて掛け声をかける。そして、掛け声賃に、代金の半分を出せという。争いになり、大岡越前守にいき、裁かれることになる。大岡様は、若い男は、木をきる音を聞いて掛け声をか...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声蛇聟入り 【音声】

    概要:日照りつづきのある日、水番が池の土手に立ち、「雨をくれたら娘の一人ぐらいやってもよい」と祈った。すると早速黒雲が出てきて大夕立がした。水番の娘は嫁に行かねばならなくなり、池の土手からそこの主をよぶと大...

    作成者・作成団体:西林 秀野/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声なら梨取り 【音声】

    概要:母の病気が直る山梨を取りに、兄弟三人が順に山に行く。山の中で、婆、三本竹、ヒョウタンが出てきて、いろいろ言う。上の二人は、梨の木のそばの池から出た大蛇に呑まれる。いちばん下の弟が、梨を取り、大蛇を退治...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声目の心願(俵薬師) 【音声】

    概要:昔、村に大うそつきがおり、村人が怒り俵につめて海にすてることにした。隣の男二人が差し棒でかついで捨てに行ったが、途中彼は二人をだまして、通りがかりの商人を身代わりにして自分は助かった。その後、彼は竜宮...

    作成者・作成団体:堀本 鶴子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声かちかち山 【音声】

    概要:たぬきが、おばあさんをだまして殺した。泣き悲しんでいるおじいさんのために、うさぎが、たぬきを泥の舟に乗せて沈め、仇をとってやる。作品時間:4分21秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声田野村の久兵衛 【音声】

    概要:田野久は旅役者だったが、母病気の知らせに、夜道を急いで峠にさしかかった。そこでうわばみに出会い、たぬきとまちがえられて化け比べをする。別れ際に、それぞれのこわいものを言う。久兵衛は煙草やにでうわばみを...

    作成者・作成団体:安広 通徳/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声よしよしのはじまり(源五郎の天昇り) 【音声】

    概要:鴨とりの名人よしが、もちなわで数十羽のかもをとるが、かもたちはよしを空へひきあげる。よしは雷に使われ、夕立のてつだいをしていて夢中になり、足をふみはずして海に落ち、りゅうぐんかいに行く。よしはそこの大...

    作成者・作成団体:丸山 大一/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声彦八の話(話千両) 【音声】

    概要:参宮すると『彦八の話一貫目』の看板がある。一貫目の銭を出して聞くと、「柱のない家に宿かんな」「はやまってあやまんな」という。帰る途中雨にあい、岩のそばに雨宿りする。彦八の話を思い出し、木の下に逃げる。...

    作成者・作成団体:田村 たまの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声たことふぐとかれい 【音声】

    概要:たことふぐとかれいが旅をしていて、一句ずつ作ろうじゃないかということになった。たこが木の枝にぶらさがって、「藤の花とはどでごんしょ」と一句よんだ。すると、かれいが木にぺたっとひっついて、「たばこの葉と...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声宝手拭 【音声】

    概要:女が機を織っているところへ、乞食がやってきて水を乞う。女は断わる。下女が、水と自分のむすびを与える。礼に手拭をくれる。それで顔をふくと美しくなる。女が、さがしてきた乞食からもらった手拭で、顔をふくと馬...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声杢蔵の聟入(山田白滝) 【音声】

    概要:「当家の娘の句に勝った者があったら聟にしてやる」というはり札を見た貧しい杢蔵が、「天より高く咲く花に目どもかけなよ谷野杢蔵」という娘の句に対して、「天より高く咲く花も落ちりゃ木の葉の下になる」とよんで...

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声鯨となまこの泳ぎ競争 【音声】

    概要:鯨となまこが泳ぎ競争をしようということになり、出発まぎわになまこは鯨の鼻の上にさばっていて、ゴール寸前でコロリと鯨の鼻先に落ちて勝った。作品時間:2分48秒

    作成者・作成団体:木下 慶一/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声猿聟入 【音声】

    概要:百姓が「ごぼう抜きをしてくれたら娘をやる」とひとりごとをいう。猿が出てきてごぼうを抜いてくれる。下の娘が猿の嫁になるのを承諾してくれる。娘は嫁入り道具に石臼をもらい、猿に負わせて行く。途中、川の上に咲...

    作成者・作成団体:井上 良一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声こうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声果てなし話 【音声】

    概要:蛇が寄りあいし、そろって天昇りをすることになる。年寄り蛇の尾にくいつき、次々につらなる。あと一歩でものを言ったので口がはなれ、年寄りだけは天にあがれるが、あとはみな落ちる。作品時間:1分04秒

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声のみの裁判 【音声】

    概要:人間様の生血を吸うたというてのみが裁判にかけられた。奉行から住所氏名をきかれて「蒲団の国、ぬい目郷、とじ糸村ののみ飛之助。」と答えた。何か芸ができるかと問われて、畳幅を一飛びにしてほめられ、罪を許され...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声鷲の捨子 【音声】

    概要:畑で仕事をしていると、子どもが、たかにさらわれる。母親が子どもをたずねて旅をする。子どもは、奈良の興福寺の杉の枝にかけられて、和尚に見付けられて助かる。成長して大和尚になる。説教の時、身の上を話すのが...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース