デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声桃太郎 【音声】

    概要:桃太郎はたいへんな力持ちだ。ある日、山へ行って、大木を引き抜いて、かたいでもどり、家にもたれさせたら、家がつぶれてしまった。作品時間:2分41秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声桃太郎 【音声】

    概要:婆さんが川から拾ってきた桃から男の子がうまれる。桃太郎と名付け大きくなる。近所の友達が山に木拾いに行こうとさそう。にかわ(荷縄)・背当て・わらじ作り、木がま・ますかりとぎなどといって、仲々山に行かない...

    作成者・作成団体:賀島 具一郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声ひっつかばひっつけ 【音声】

    概要:昔、正直なじじとばばがいて、じじが山へ行って仕事をしていたら、「ひっつこうか。」の声がして、「ひっつかばひっつけ。」と言うと小判がひっついた。隣の欲深じじ・ばばがうらやみ、そのとおりにしたら、松やにが...

    作成者・作成団体:高見 きぬ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声屁こきと盗人(誰なら屁) 【音声】

    概要:ある夜、分限者に盗人が入ったが、番人に屁こきの名人がいて、「たれなら、たれなら」という音を出すものだから、盗人は盗んだ荷物をほうりだして逃げていった。作品時間:1分40秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声餅争い 【音声】

    概要:兎とひきが、餅を盗み、山の上から臼ごと転ばし、早く追いついた者が食べることにする。兎は空臼についており、ひきは、合歓の木にかかった餅を全部食べる。兎が怒り、ひきを踏みつける。それでひきの腹は横に出、兎...

    作成者・作成団体:皆木 うきえ/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声和尚と小僧(3)あめは毒 【音声】

    概要:和尚があめを「小僧殺し」といつわってひとり食いしている。和尚のるすに小僧たちはあめをなめつくし小さい小僧がすずりを割る。小僧は和尚に「大切なすずりを割ったので、あめで死のうとした」と言いわけする。作品...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声女の運は藪でおどる(炭焼長者) 【音声】

    概要:まじめな柴売りの所へ金持の娘が嫁にしてくれと頼んできた。貧乏を理由に断ったら、金はあると小判を見せた。すると柴売りが、「それがお金か。それならわしの藪にはいっぱいある」と言い、二人で行って掘り出し大金...

    作成者・作成団体:柿本 コイセ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声小太郎の話 【音声】

    概要:母が死んで、息子の小太郎が墓に参り、そこで寝る。鳥が「上から三本下から三つ」と言う。小太郎は、母に会いたくて閻魔王のところで、鳥の鳴声で難問をとき通り、生き返っていた母をつれ帰る。作品時間:2分45秒...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声ごろ太郎(花咲爺) 【音声】

    概要:子のないじいとばばの飼う犬のごろ太郎は、猟のともをしてすばらしい能力を発揮する。しかし、隣のじいの言いつけはきかず、殺される。墓印のなしのに木に実がなり、じいの言うまま上がりおりし、殿さまにほうびをも...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声分別才兵衛(知恵あり殿) 【音声】

    概要:横着で分別のよい分別才兵衛が借金で年がこせない。妻が一案をめぐらし、庄屋とたわむれるふりをして才兵衛に殺させる。才兵衛は村の若者に庄屋を殺したように思いこませる。若者に庄屋の妻に自分のせいで自殺したと...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声果てなし話 【音声】

    概要:たにや(池)のはたの竹が雪で水につかっている。春になり雪がとけると竹がのってしずくがポチャポチャ……七日七夜ポチャポチャと。作品時間:1分03秒

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声でんか、おきゅうか、ふみにしろうか 【音声】

    概要:でん、おきゅう、ふみ、にしろうという名の四人の子どもがいる。泥棒が入り、音をさせたのを、親が子と間違えて、名前をよぶ。「出んか」「起きゅうか」「踏みにしろうか」と泥棒は言われたと思い、逃げ帰る。作品時...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声鼻の長くなる話 【音声】

    概要:旅人が山道で、鼻の長くなるりんご、短かくするなしを見付ける。町の分限者に泥棒がはいり金を盗む。見付けたら、礼を出すという。不審な男に、りんごを食べさせ、悪いことをしたので鼻が伸びたという。泥棒を白状す...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声鼻髪もなし 【音声】

    概要:鼻のない男の人と髪のない女の人が見合いをした。女の人のほうが、「谷々に梅や桜はあるなれど花がなければ楽しみもなし」と一句作ると、男の人が「谷々に堂や社はあるなれば神がなければ楽しみもなし」とよんだ。す...

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声歌好きの三人兄弟 【音声】

    概要:うかれ節きちがいと浄瑠璃きちがいと音頭とりきちがいの三兄弟が、今年こそは歌はやめようと誓い合ったが、正月早々雑煮の用意のことから歌でやりとりをして、約束は何にもならなかった。作品時間:1分47秒

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース