デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声とびと烏(ふくろう紺屋) 【音声】

    概要:昔、とびは紺屋じゃった。おしゃれな烏がやってきて、他のどの鳥にもない色に染めてくれと頼んだ。とびは考えて真黒に染めてやった。ところが、烏は怒り、今でもとびを見ると烏はけんかをしかける。作品時間:1分1...

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声ふくろうととび 【音声】

    概要:昔、ある時ふくろうが「森の中で大きな音がした。」と言うたので、とびが見に行ったら蚊の足が一本落ちていた。これくらいふくろうは耳がよく聞こえるし、とびは目がよく見えるのである。作品時間:0分46秒

    作成者・作成団体:玉谷 一義/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声和尚と小僧(3)あめは毒 【音声】

    概要:和尚があめを「小僧殺し」といつわってひとり食いしている。和尚のるすに小僧たちはあめをなめつくし小さい小僧がすずりを割る。小僧は和尚に「大切なすずりを割ったので、あめで死のうとした」と言いわけする。作品...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声かちかち山 【音声】

    概要:たぬきが、おばあさんをだまして殺した。泣き悲しんでいるおじいさんのために、うさぎが、たぬきを泥の舟に乗せて沈め、仇をとってやる。作品時間:4分21秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声すからかっぷ瀬戸が浜 【音声】

    概要:ある貧しい青年が、すからかっぷ瀬戸が浜の宮に参る。途中、①娘の病気②夜中の化物③蛇の体がほかる―の原因を尋ねてくれとたのまれる。①家の礎石に墓石を使っている。②朱千壷、金千壷が家の下に埋まり化けて出る...

    作成者・作成団体:賀島 飛左/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声鴨取り権兵衛(まのよい猟師) 【音声】

    概要:鴨を射ちに行き、鉄砲をふるわせ、一度に多くの鴨をとる。池の中に入って射った鴨をとる。池からあがる時、兎の耳をひっぱり、山芋のつるをひっぱって、兎と山芋をとる。ふんどしの中に、えびが入っていて、鴨、兎、...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声こがらすの婿入り(山田白滝・難題むこ・ふるい古金) 【音声】

    概要:欲深な金持に一人娘がいるが、むこになり手がない。金持は「三文の元で五十銭もうけたら、むこにする」と立札を出す。小男で色の黒いこがらすは、三文の打ちわらをもち、唐津売りが「からつう」という後から「うち割...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声雨蛙不孝 【音声】

    概要:雨蛙はあまんじゃくで、親の反対ばかりしていた。親が死ぬとき、「わしが死んだら川へいけてくれ」と言った。雨蛙はいっぺんだけでも親の言うことをきこうと思い、川のそばへいけた。雨が降れば親が流れるのを心配し...

    作成者・作成団体:末広 玉一郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声八化け頭巾 【音声】

    概要:池のはたの長吉という狐が女にばけて買物に出る。やぶ医者の平田の宗庵が「尻尾が見える」とだまし、長吉の七化けの皮をにせの八化け頭巾とかえことする。宗庵はその皮で娘にばけ、木の葉で買物をしてまわる。長吉は...

    作成者・作成団体:立田 武重/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声愚か聟 【音声】

    概要:ある愚かな男を聟に世話する。仲人がいろいろ知恵をつけたが、嫁さんの家へ行って、ほめことばをまちがえ、大失敗をするという話。作品時間:9分50秒

    作成者・作成団体:国友 愛治/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声目の心願(俵薬師) 【音声】

    概要:昔、村に大うそつきがおり、村人が怒り俵につめて海にすてることにした。隣の男二人が差し棒でかついで捨てに行ったが、途中彼は二人をだまして、通りがかりの商人を身代わりにして自分は助かった。その後、彼は竜宮...

    作成者・作成団体:堀本 鶴子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声かきと帆立貝のはじまり(一つ屋の怪) 【音声】

    概要:薬の行商が一つ屋にとまり、爺に婆の亡きがらの留守もりを頼まれる。薬屋は、婆が「じいさん、ごんすかえ」などと呼ぶのに返事をしているが、婆に怪しまれて追われ、海にとびこみほたて貝になる。婆もとびこみ、かき...

    作成者・作成団体:横山 宗宰/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声きつねとひきん 【音声】

    概要:昔、きつねとひきんが負われあいこで伊勢参りをした。きつねがあお向けで先にひきんの背にのって行ったが、交代のときおりて見るともとの場所に立っていた。作品時間:1分16秒

    作成者・作成団体:山本 敏子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声よしよしのはじまり(源五郎の天昇り) 【音声】

    概要:鴨とりの名人よしが、もちなわで数十羽のかもをとるが、かもたちはよしを空へひきあげる。よしは雷に使われ、夕立のてつだいをしていて夢中になり、足をふみはずして海に落ち、りゅうぐんかいに行く。よしはそこの大...

    作成者・作成団体:丸山 大一/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声瓜姫御寮 【音声】

    概要:おばあさんが川で瓜をひろいあげ、戸棚に入れておくと、瓜から瓜姫御寮がうまれ、はたを織っている。姫がひとりいると、あまんじゃくが来てはいりこみ、姫の着物ととりかえて姫を柿の木にのぼらせているまに逃げる。...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声五分次郎(一寸法師) 【音声】

    概要:おばあさんが申し子をすると、中指がふくれ五分次郎がうまれる。次郎は金持の家にとまり、いり粉を三人の娘の口にぬり、「いり粉を食われた」といつわって、末娘を嫁にもらう。帰りに馬に食われるが、うんこの中から...

    作成者・作成団体:小谷 伊勢与/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース