デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声馬子どんと山んばばあ(牛方山姥) 【音声】

    概要:年のくれに、馬子が町へぶりを買いに出る。途中で山んばばあにおどされ、ぶりも馬も食われる。馬子があき家のあまだにかくれていると、山んばばあがもどってきて、もちを焼く。馬子がそのもちをかすめ取る。山んばば...

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声鯨となまこの泳ぎ競争 【音声】

    概要:鯨となまこが泳ぎ競争をしようということになり、出発まぎわになまこは鯨の鼻の上にさばっていて、ゴール寸前でコロリと鯨の鼻先に落ちて勝った。作品時間:2分48秒

    作成者・作成団体:木下 慶一/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声きつねとひきん 【音声】

    概要:昔、きつねとひきんが負われあいこで伊勢参りをした。きつねがあお向けで先にひきんの背にのって行ったが、交代のときおりて見るともとの場所に立っていた。作品時間:1分16秒

    作成者・作成団体:山本 敏子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声こぶとり爺さん 【音声】

    概要:昔、じじとばばがいて、じじは山へ薪をしに行った。雨が降りだし洞穴へ入ったところ、中では山の神が宴をはっていた。じじはここで踊ってたいへん喜ばれ、また来る約束にコブをあずけた。隣のじじがコブを取ってもら...

    作成者・作成団体:高見 きぬ/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声うそつき茂平(俵薬師) 【音声】

    概要:庄屋がうそつき茂平を俵につめ、川に流しにやる。道中、茂平は下男をだまして帰らせ、そのまに座頭をだまして俵に入れ、自分は逃げる。やがて茂平は帰ってきて、「竜宮の姫にもてなされた。姫は旦那をおつれせよとい...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声大仙ぎつね(狐のお産) 【音声】

    概要:ある男が結婚式によばれて帰り、山の中の大仙原で寝てしまう。もらった御馳走を全部取られる。男の家は産婆をしていて、その夜産婆をたのまれ、谷奥の家でお産をさせる。土産と祝儀をもらう。翌朝、男が帰ってきて、...

    作成者・作成団体:奥津 美佐雄/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声和尚と小僧(3)あめは毒 【音声】

    概要:和尚があめを「小僧殺し」といつわってひとり食いしている。和尚のるすに小僧たちはあめをなめつくし小さい小僧がすずりを割る。小僧は和尚に「大切なすずりを割ったので、あめで死のうとした」と言いわけする。作品...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声和尚と小僧(1)道心坊主 【音声】

    概要:けちな和尚が小僧を買物にやる。小僧は和尚の書きつけどおり「道心坊主」(みかん)「はらみ女」(まんじゅう)「初しも」(さとう)を買うが、帰りにみな食う。帰ると、「初しもは日でとけた。道心坊主は衣をぬいで...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声和尚と小僧(2)あゆがみそり 【音声】

    概要:和尚があゆずしを「ふぎょうそう」と称してひとり食いしている。水祭にいく途中あゆを見た小僧が「かみそりがいる」というと、和尚は「見たものは見のがし…」と戒める。次に馬上の和尚の帽子が落ちるが、小僧は「見...

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声おきいさんぎつね(きつね退治の失敗) 【音声】

    概要:きつねがだます、だまさないで若衆がかけをする。だまされないという若衆が、おきいさんぎつねの出るお宮に行く。女に化けたきつねは、「あんたはだまされん。これから、化けて祝言の御馳走を食べに行くから、確かな...

    作成者・作成団体:市村 浅次郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声かちかち山 【音声】

    概要:たぬきが、おばあさんをだまして殺した。泣き悲しんでいるおじいさんのために、うさぎが、たぬきを泥の舟に乗せて沈め、仇をとってやる。作品時間:4分21秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声鬼ばばと馬子んどん(牛方山姥) 【音声】

    概要:馬子が山の中で鬼ばばに襲われ、馬車に積んでいた塩も馬も食べられた。その仕返しに鬼ばばを黒焼きにし、粉にして薬だといって売り歩いて金もうけをした。作品時間:4分19秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    概要:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声こうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声果てなし話 【音声】

    概要:蛇が寄りあいし、そろって天昇りをすることになる。年寄り蛇の尾にくいつき、次々につらなる。あと一歩でものを言ったので口がはなれ、年寄りだけは天にあがれるが、あとはみな落ちる。作品時間:1分04秒

    作成者・作成団体:立田 富之助/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声蛇聟入り 【音声】

    概要:日照りつづきのある日、水番が池の土手に立ち、「雨をくれたら娘の一人ぐらいやってもよい」と祈った。すると早速黒雲が出てきて大夕立がした。水番の娘は嫁に行かねばならなくなり、池の土手からそこの主をよぶと大...

    作成者・作成団体:西林 秀野/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声よしよしのはじまり(源五郎の天昇り) 【音声】

    概要:鴨とりの名人よしが、もちなわで数十羽のかもをとるが、かもたちはよしを空へひきあげる。よしは雷に使われ、夕立のてつだいをしていて夢中になり、足をふみはずして海に落ち、りゅうぐんかいに行く。よしはそこの大...

    作成者・作成団体:丸山 大一/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声のみの裁判 【音声】

    概要:人間様の生血を吸うたというてのみが裁判にかけられた。奉行から住所氏名をきかれて「蒲団の国、ぬい目郷、とじ糸村ののみ飛之助。」と答えた。何か芸ができるかと問われて、畳幅を一飛びにしてほめられ、罪を許され...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース