デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧デジタル岡山大百科 | 郷土情報ネットワーク - 検索結果一覧

郷土情報ネットワーク >  検索結果一覧

検索条件

特集:岡山の昔話

条件を詳しく設定する
条件を詳しく設定する

検索結果一覧

121件の結果中、1件目から20件目を表示

  • No.1音声姥捨て山 【音声】

    概要:孝行息子が、親を捨てずに座の下にかくしていた。ある時、難題を持ちこまれたが、親の知恵で解くことができた。それ以来、親を捨てる風習はやんだ。作品時間:3分50秒

    作成者・作成団体:安広 俊子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.2音声桃太郎 【音声】

    概要:桃太郎はたいへんな力持ちだ。ある日、山へ行って、大木を引き抜いて、かたいでもどり、家にもたれさせたら、家がつぶれてしまった。作品時間:2分41秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.3音声鬼ばばと馬子んどん(牛方山姥) 【音声】

    概要:馬子が山の中で鬼ばばに襲われ、馬車に積んでいた塩も馬も食べられた。その仕返しに鬼ばばを黒焼きにし、粉にして薬だといって売り歩いて金もうけをした。作品時間:4分19秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.4音声とりがね池の大蛇の話(賢こ渕) 【音声】

    概要:備中町とりがねの池に、鴨撃ちに行った男の足の指に、くもが糸をかけていく。男は糸を木の株にかけかえる。すると、木の株は池の中に引き込まれ、大蛇が池の中から現われる。男は、大蛇に向けて鉄砲を撃ち込む。その...

    作成者・作成団体:市村 浅次郎/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集柴口 成浩/編集立石 憲利/採集柴口 成浩/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.5音声すっぺい太郎(猿神退治) 【音声】

    概要:昔、神様から白羽の矢が立つと、そこの娘を神輿にのせて社前へ捧げていた。あるとき一人の男がこれをきいていぶかり、神輿とともに社前に行き、人々は帰宅したが彼だけは大木の穴にかくれていた。すると化物が出てき...

    作成者・作成団体:日名 安男/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.6音声彦八の話(話千両) 【音声】

    概要:参宮すると『彦八の話一貫目』の看板がある。一貫目の銭を出して聞くと、「柱のない家に宿かんな」「はやまってあやまんな」という。帰る途中雨にあい、岩のそばに雨宿りする。彦八の話を思い出し、木の下に逃げる。...

    作成者・作成団体:田村 たまの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.7音声山んばばあと馬子どん(牛方山姥) 【音声】

    概要:年の暮に馬子が勝山にぶりを買に行き、帰りに山んばばあにおそわれる。婆はぶりや馬の足を奪い食ったので馬子は三本足の馬で逃げ、一軒家の二階にかくれていると、婆がもどってくる。馬子はアマダゴでもちを焼く婆を...

    作成者・作成団体:河井 繁太郎/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集稲田 和子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.8音声果てなし話 【音声】

    概要:たにや(池)のはたの竹が雪で水につかっている。春になり雪がとけると竹がのってしずくがポチャポチャ……七日七夜ポチャポチャと。作品時間:1分03秒

    作成者・作成団体:池田 たきの/語り手稲田 浩二/監修稲田 浩二/編集稲田 浩二/採集福田 晃/採集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.9音声うそばい(大もの競べ) 【音声】

    概要:伊勢参宮をして宿屋で近江の客と丹波の客が同宿する。自慢話をし、近江の客は、琵琶湖の水をひとのみにする大牛がおるという。丹波の客は、大きな太鼓があり、片方は琵琶湖の水をひとのみにする牛の皮ではるという。...

    作成者・作成団体:川本 清/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.10音声舌切雀 【音声】

    概要:舌切雀の宿をたずねて行ったおじいさんは、土産に宝物の入ったつづらをもらう。欲深ばあさんがまねをしてもらったつづらからは、化け物が出て、ばあさんを食い殺してしまった。作品時間:2分37秒

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.11音声こうろぎの恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:甲斐の国の勘十郎が山で、栗のいがの中に入って出れなくなっているコオロギを助ける。コオロギは王様のところに行き「甲斐の国の勘十郎に甲斐の国をやらねば王の首はちょんぎれる」と泣く。勘十郎は甲斐の国をもらう...

    作成者・作成団体:富坂 あさの/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.12音声猿と貝の恩返し(動物報恩) 【音声】

    概要:猿が貝が口を開いているところに、手を入れ、はさまれる。和尚が、猿と貝をはなす。猿はよろこんで宝物のあるところに案内する。和尚は、宝物をもとにして、船で商売をする。ある時、船に穴があき、水が入り沈みそう...

    作成者・作成団体:横山 嘉一/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.13音声旅学問 【音声】

    概要:むずかしいことばを習ってきた娘が、父親が柿の木から落ちてけがをした時、そのことばを使って珍妙な手紙を医者あてに書いた。作品時間:4分54秒

    作成者・作成団体:松島 陸太郎/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.14音声空飛ぶ狐 【音声】

    概要:備中の寺に小僧が来て特別よく仕える。ある日和尚が法事から帰ってみると古狐が台所でねていた。狐は正体を見られたと観念し、和尚に屋根裏のお札がほしくてやってきたと白状した。ほしい理由をたずねられ、「それを...

    作成者・作成団体:杉並 かおる/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.15音声亀ととび 【音声】

    概要:自分の住んでいる池の水がへるので、亀がとびに頼んでくわえてもらい、他の池へ移動していたところ、それを見て子どもがさわぎ、とびが思わず一声鳴いたので、亀は地上に落ち甲にひびが入った。作品時間:1分05秒...

    作成者・作成団体:小松原 芳子/語り手稲田 浩二/監修仙田 実/編集仙田 実/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.16音声拾い物分配 【音声】

    概要:兎と猿とかわうそが、買物をして帰る男をだまして、品物をとる。猿は木に登るのでござ、かわうそは魚をとるので塩、兎は残りものの豆と分ける。猿はござがすべって木からおちる。かわうそは、水に入り塩がとける。兎...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.17音声でんか、おきゅうか、ふみにしろうか 【音声】

    概要:でん、おきゅう、ふみ、にしろうという名の四人の子どもがいる。泥棒が入り、音をさせたのを、親が子と間違えて、名前をよぶ。「出んか」「起きゅうか」「踏みにしろうか」と泥棒は言われたと思い、逃げ帰る。作品時...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.18音声何に似たもう 【音声】

    概要:貧乏人が、なぜ分限者になるのだろうと、正月その家をのぞく。雑煮を食べる時、「何に似たもう」「七福神に似たもう」「よう似たもう」といっている。真似るが、「七、八年寝たもう」となり、ますます貧乏になる。作...

    作成者・作成団体:立石 長/語り手稲田 浩二/監修立石 憲利/編集立石 憲利/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.19音声そばの根の赤くなったわけ(天道さん金の綱) 【音声】

    概要:鬼ばばにつかまりそうになった三人兄弟が、天道さんを拝んでいたら、天から金の綱が降りてきて、それをつたって逃げて助かった。鬼ばばの綱は途中で切れ、そば畑のへりの岩の上に落ちた。その時、血がぱっと散って、...

    作成者・作成団体:柴原 弥寿子/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース

  • No.20音声雀とつばめ(雀孝行) 【音声】

    概要:母が危篤だという知らせに、雀はすぐにかけつけ死に目に会えたが、つばめはおしゃれに時間がかかり間に合わなかった。孝行な雀は米を食べ、つばめは土や虫を食べる。作品時間:1分56秒

    作成者・作成団体:高塚 麻野、高塚 寿/語り手稲田 浩二/監修山内 靖子/編集稲田 浩二/採集仙田 実/採集山内 靖子/採集

    公開日:2011-02-27

    データベース:郷土情報データベース